月曜日はサーフィン・カリアゲくんのブログ

kariage84.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

タグ:思う事 ( 401 ) タグの人気記事


2018年 05月 14日

101回目の反抗期

ウッサイ、ワーットルワ。

学生の頃はよく親に反発し、

働きだしては親の有り難みを覚えた。

少しは感謝をするようになったものの、今だにウザい時もある。

反抗期とは心が健全に発達してる証拠。

ウッサイ、ワーットルワ。

親に感謝。

それを繰り返して大人になる。

悪くはない。


これから親に何回反発するんだろう。

これから何回親の有り難みを感じるんだろう。

いくつになっても親は親。

追い越したくても年齢も月日も追い越す事はない。

いくらオッサンになっても親からみれば子供。

多分髭面でもカワイイのかもしれない。

しらんけど。

そして反発と感謝を繰り返しは続く。






by kariage84 | 2018-05-14 04:06 | 思う | Comments(0)
2018年 05月 11日

最近サーフィンを始めた方へ

サーフィンは競争社会でもある。

波に乗るか、乗れないか。

笑うか、泣くか。

順番を待っていても波には乗れない。

海の中では平等だ。

初心者も上級者も関係ない。

もちろんプロとかアマとかも。

乗ったもの勝ちなんだよ。

楽しんだもん勝ちなんだよ。

上手いやつはずるい。

ロングボードはずるい。

そんなものは通用しない。

乗るか、乗れないか。

波に乗りたければ上手くなれ。

ロングボードがずるいと思うならロングボードに乗ったらいい。

海の中は競争社会なんだ。

それを理解した上で楽しめ。

そして笑え。


by kariage84 | 2018-05-11 14:49 | Comments(0)
2018年 05月 09日

サーフィンと『ドローンの進化』

あかん。

また波が来よる。

何回ドルフィンしたと思ってんねん。

さっきから全く進んでへんやん。

いつになったらアウトに出れんねん。

そんな波数多い時のサーファーあるある。

早くドローンに人が乗れるようにならないかな。

そしたらパドルしないでアウトに行けるしドルフィンもしなくていい。

もちろん海で流されてもドローンに助けてもらったりパーリングしても助けてもらう。

もっと言えば海までドローンで行けるようにならないかな。

そうすれば徳島市内の55号線の渋滞も関係ないし、

さらにハワイやばりまでドローンで行けるようにならないだろうか。

ちなみに現時点でドローンはオーストラリアでサメの監視に使われているそうな。


by kariage84 | 2018-05-09 16:14 | surfing | Comments(0)
2018年 04月 30日

サーファーの投資

サーフボードやサーフポイントを選ぶ。

これはどれだけのリターンを得るかのサーファーの投資。

サーフィンは個人スポーツ。

何を選び、何を得るか。

あなた次第。

楽しみを得るのか、何を学ぶのか。

リスクかリターンか。

決めるのもあなた。

人は色々、サーファーも色々。

だからスタイルも色々。

正解もないし、間違いもない。

だから結果が全て、自己満が全て。

楽しんだモン勝ちだし、

楽しまなきゃ損損。

もう一度言う。

サーフィンは個人スポーツ。

投資は自己責任で。

海に行くか。

海に行かないか。

海に行きたくないか。

海に行けないか。

あなた次第。




by kariage84 | 2018-04-30 21:40 | surfing | Comments(0)
2018年 04月 26日

そうだ、この世界は残酷なんだ

目の前で大きな魚が暴れている。

よく見れば背ビレも大きい。

僕はこの間サーフィン中にサメに遭遇してしまった。

野生動物の捕食のシーン。

まるで映画『ジョーズ』のよう。

ああコレはリアルなんだ。

ヴァーチャルなんかじゃない。

ああ数メートル前にいたらヤバかった。

残酷だけど自然な事なんだ。

逃げる事しか出来ない。

昔に習った難しい因数分解は役に立たない。

世界平和を祈る暇もない。

トランプやアベのせいでもない。

僕はただのサメの餌なのかもしれない。

ああ無力。

自然界では弱肉強食。

食うか食われるかの食物連鎖。

僕が強いか、サメが強いか。

とてもシンプル。

僕は逃げる事しか出来ない。

そうだ、この世界は残酷なんだ。

そして、その夜食べた料理は『カツオのたたき』。

いただきます。













by kariage84 | 2018-04-26 08:01 | 思う | Comments(0)
2018年 04月 21日

経験を買え

サーフボードを買え。

ウェットスーツを買え。

航空券を買ってサーフトリップに出かけろ。

それは経験を買うという事なんだ。

サーフィンとは経験がものをいうスポーツ。

サーフボードを買えば自分のレベルを引き上げてくれるし、

ウェットスーツを買えば、どんな環境にも対応できる。

サーフトリップに出かければ、色々な出会いで成長できる。

もちろんパトロンがいて、なんでも買ってもらえるのならそれに越した事はない。

とにかく経験を買え。

何?金がない?

じゃ働け。


by kariage84 | 2018-04-21 08:15 | surfing | Comments(0)
2018年 04月 18日

成功も成功のもと

失敗は成功のもと。

しかし、ひたすら失敗をすればいいというものでもない。

やはり失敗から学び、たまには小さな成功も必要だ。

失敗して、

成功して、

自信がつき、

また失敗して、

成功して、

確信に変わる。

そうやって成功したり上手くいくようになるもの。

だから成功も成功のもと。

でもさ、

失敗で学び、成功でも学ぶ。

なので、

失敗とか成功とかどうでもいいね。

ハハハ。


by kariage84 | 2018-04-18 13:40 | 思う | Comments(0)
2018年 04月 11日

サーフィンの代償

何かを得る事は何かを犠牲にする事ではないだろうか。

目の前のビールを我慢すればサーフボードが買えるかもしれないし、

1つバイトを増やせばサーフィンの環境が作れるかもしれない。

逆に、

サーフィンに行かなければ家族やパートナーの機嫌が良くなるかもしれないし、

サーフボードを買うのを我慢したら子供の学習塾代が払えるかもしれない。

漫画『進撃の巨人』に名言があります。

"何も捨てる事が出来ない人には、何も変える事は出来ないだろう"

何もかも手に入れようとする人ほど何も手に入らないし変わらないのではないかな。

もちろんWIN-WINの関係が成り立つ事もある。

しかしサーフィンとは波という自然相手のスポーツ。

自然に振り回される事も多々ある。

時間やお金や誰かの機嫌を犠牲にしている。

サーフィンの環境が作れている人ほど、

サーフィンの代償は少ない。

止まらない時間の中で長くサーフィンをする秘訣があるとすれば、

何を捨てる事か、ではないだろうか。




by kariage84 | 2018-04-11 09:07 | surfing | Comments(0)
2018年 04月 08日

サーフィンが楽しくなる時期

サーフィンって経験がものを言うスポーツ。

とにかく楽しみの積み重ね。

はじめて波に乗れた時。

初めてターン出来た時。

自分の体より大きな波に乗れた時。

そうやってどんどん深みにハマっていく。

同じ日はなくて、

同じ波はなくて、

同じ自分もなくて、

同じメンツもない。

それでいて毎回何かの発見があって、

上手く行く日もあれば、

まったく波に乗れない日もある。

それを積み重ねていくのがサーフィン。

問いただしてみる。

サーフィンが楽しくなる時期っていつだろう。

今でしょ。




by kariage84 | 2018-04-08 11:40 | surfing | Comments(0)
2018年 04月 06日

なぜウェットスーツの中でのオシッコは気持ちいいのか??

あかん。

オシッコ漏れる。

新品のウェットスーツやねんで。

着る前はしたく無かったのに。

ウェットスーツを着たらしたくなる。

海に入ったらしたくなる。

あかん事はわかってんねん。

でもやめられへん。

だって癒しだから。

ウェットスーツの中でオシッコをするとはそういう事。

だからやめられない。

でもイケない事。

アンモニアがウェットスーツを劣化させてしまうし、途轍もなく臭くなる。

でもやめられない。

気持ちいい。

ウェットスーツの中をオシッコが全身を覆う感じ。

お風呂に入る感覚で気持ちいい。

確実に感じる。

交感神経が副交感神経に切り替わる瞬間。

まさにリラクゼーション。

眠りにつきたくなる、サーフィン中だけど。

でもあかん。

でも分かってる。

でもあかん。

でも分かってる。

ああやめられない。

ちなみにナガスクジラは1日に970リットルぐらいのオシッコをするそうです。





by kariage84 | 2018-04-06 12:48 | surfing | Comments(0)